2015年1月アーカイブ

新しい美肌のムーブメント

少しづつですが、しかし、ジワジワと化粧品のウソというかカラクリが暴かれだして
きてますよね。「スキンケア化粧品」はいらないのではないか?ということです。

医学的な見地、毎日スキンケアしているけれど一向に肌の調子がよくならない
一般ユーザーの声といったものが噛みあって、ムーブメントが起きてきています。

スポンサーが化粧品会社であるテレビでは絶対に取り上げられない内容なので
ネットや書籍でしか知る由がないというのが世間一般になかなか普及しない理由
ですが、まぁそのうちに知れ渡ることでしょう。

その内容について⇒スキンケアしない美肌術

もともと化粧品というのは何か?というと効果があってはいけないものなんですね。
シミやシワが改善されたり、肌の奥まで有効成分を浸透させることはできるんですが
それは医薬品の範疇なので、化粧品でそれをしてはいけないんです。

なのであくまで効果があるといっても化粧品は予防的な効果しかないわけです。

しかし、化粧品に含まれている成分の多くは肌にとっては異物ですから悪い影響は
あっても良い影響はないというのが基本的な立ち位置なんですね。

じゃ、なんでそんなものを使っているのか?というと、それが化粧品メーカーが仕掛けた
マーケティングであり、ユーザーを長い時間かけて教育した結果なんです。

ニキビの原因はまさかの糖質過剰?

湿潤療法で有名な夏井睦先生の本にニキビにかんする記述がチラッとあります。
それによると、思春期ニキビの原因は脂質代謝の異常であって、アクネ菌が悪いわけじゃない。

で、脂質代謝の異常を引き起こしているのが糖質の食べ過ぎということなんですね。
これってどう思いますか?というかすぐ実験できるので、やれる人はやってください。

思春期はお腹が減るのでよく食べると思うんですが、何を食べているかというと、
ほとんどが炭水化物だと思うんです。お米、ラーメン、うどん、菓子パンなどなど。

全部糖質ですよね。これがよくないと夏井睦先生はいっているわけです。

これまでニキビを悪化するものとしてお菓子は該当していたと思うんですが、食事に
ついては動物性の脂とか肉が悪いという風潮だったと思うんですね。

しかし、そうではなくて、実は糖質過剰こそがニキビの原因になっているというのが
夏井睦先生のご意見なんです。私の知識を加えさせてもらうと、皮脂は中性脂肪から
できているので、糖質を食べると増えるというのは間違いないです。

脂っぽいものを食べるよりも糖質を食べるほうが皮脂の過剰分泌につながるんです。
これは知らなかったという人も多いんじゃないでしょうか。

詳しくはこちら>>胸元・背中ニキビの相談窓口【てへぺろ】

なので、余計な皮脂を洗って落とすということはもちろん大事なんですが、余計な皮脂を
つくらないというのも大事だってことです。

食事によって身体や肌の状態が左右されるというのはご存じのはずです。それを
踏まえたうえで、ぜひニキビに困っている人は糖質制限をやってみてください。

ひょっとするとひょっとするかも?です。

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25