ニキビの原因はまさかの糖質過剰?

湿潤療法で有名な夏井睦先生の本にニキビにかんする記述がチラッとあります。
それによると、思春期ニキビの原因は脂質代謝の異常であって、アクネ菌が悪いわけじゃない。

で、脂質代謝の異常を引き起こしているのが糖質の食べ過ぎということなんですね。
これってどう思いますか?というかすぐ実験できるので、やれる人はやってください。

思春期はお腹が減るのでよく食べると思うんですが、何を食べているかというと、
ほとんどが炭水化物だと思うんです。お米、ラーメン、うどん、菓子パンなどなど。

全部糖質ですよね。これがよくないと夏井睦先生はいっているわけです。

これまでニキビを悪化するものとしてお菓子は該当していたと思うんですが、食事に
ついては動物性の脂とか肉が悪いという風潮だったと思うんですね。

しかし、そうではなくて、実は糖質過剰こそがニキビの原因になっているというのが
夏井睦先生のご意見なんです。私の知識を加えさせてもらうと、皮脂は中性脂肪から
できているので、糖質を食べると増えるというのは間違いないです。

脂っぽいものを食べるよりも糖質を食べるほうが皮脂の過剰分泌につながるんです。
これは知らなかったという人も多いんじゃないでしょうか。

詳しくはこちら>>胸元・背中ニキビの相談窓口【てへぺろ】

なので、余計な皮脂を洗って落とすということはもちろん大事なんですが、余計な皮脂を
つくらないというのも大事だってことです。

食事によって身体や肌の状態が左右されるというのはご存じのはずです。それを
踏まえたうえで、ぜひニキビに困っている人は糖質制限をやってみてください。

ひょっとするとひょっとするかも?です。

このブログ記事について

このページは、afplink01が2015年1月13日 22:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シワ・たるみ予防は肌の土台からケアする!」です。

次のブログ記事は「新しい美肌のムーブメント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25